教育セミナー「臨床研究におけるモニタリング」のご案内

臨床研究におけるモニタリング(特に治験以外の臨床研究)についてFDA及びOECDの提唱するRisk Based Approachにおける中央モニタリング等をどの様に使い分けていく必要があるのかを、ACRP Asia Pacific支部代表、韓国、日本からの中央モニタリングの経験に基づく事例報告及びJSCTR臨床研究推進ワーキンググループからの検討結果を発表し、今後の臨床研究におけるモニタリングのあり方についてパネルディスカッションで議論いたします。

 

皆様の、ご参加をお待ちしております。

 

日 時: 20131225() 14:00~18:00 (開場 13:30

会 場: 文京シビックホール 2F 小ホール

     http://bunkyocivichall.jp/access

参加費: 5,000(JSCTR会員・日本ACRP会員)7,000(非会員)

 

申込手順や要項など、詳しくは日本臨床試験研究会・セミナーページ(http://www.j-sctr.org/seminar/index.html)をご覧ください。

カテゴリー: news, セミナー受付中   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>